<< 「かけ算の3×5と5×3って違うの?」 1 かけ算はどう教えられているか1 | main |

スポンサーサイト

0
    • 2010.11.18 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    閑話 文脈のなかでの正答または正統について

    0
       今日はインプットの日、アウトプットはそこそこにしておこう。とおもったのけど、小ネタをおもいついたのでちょっとだけ。

       昼は『遠山啓著作集』欠本の復刊作業をし、夜は遠山先生の理論の実践への適用のむずかしさを論じる。そいうことになっても一向にまあ、かまわないだろう。
       そんな覚悟をしながら、遠山啓は「かけ算の順序」についてどう考えたか(その1:問題の所在) - さつきのブログ で言及されている『量とはなにか機戮鯢害鬚い拭

       拍子抜けした。このかけ算の順序のテストをめぐる問題は、38年前からまるで進展していない。
       この文で遠山先生は「投書をみると、ほとんどがマルをつけるかバツをつけるかについてだけ気をとられて、テストの意味そのものに立ちかえって考えたものはなかった」(量とはなにか機115ページ)と指摘し、この採点から出発することでどのような考察・授業を産み出せるかについて論じている。

      当然ながらバツをつけてほうりっぱなしにすることには批判しているし、順序の無意味さも説いてはいるけれど、前の記事までで私の言っていることと真っ向から反しているわけではなさそうだ。これを「遠山啓はいついかなる場合でもかけ算の指導で順序を論じてはならない」と言ったかのようにふりかざし、私の主張に絶句するというのはどうかとおもう。
      神格化して怒っている人は、元の文ちゃんとあたってるのかなあ。

      この文はアマゾンのなか見検索に出してあるので、未読の方はこのリンクからなか身検索をたどって「テストは教育の目的か手段か」で検索して、ぜひ自分の目でたしかめてほしい。
      こちらの函入ハードカバー版は品切れとなってしまったので、購読してくださるという方はこちらのオンデマンド版を買っていただけるとありがたいです。

      せっかく話題になっているのでオンデマンド版のページになか見検索の内容をコピーしてほしいとアマゾンに提案したら、「奥付が違うので新たに原本をいただかないとできません」ときた。石頭め。オンデマンド版はメチャクチャ原価が高く、最初の50冊までは原価率100%を越える。そうそう呉れてやれるものか。

      閑話がさらにそれた。今日ちょこっと書こうとおもったのは別のことだった。
      文脈によってつくられて正答が、外部の論理を一時的に越えてもいい場合があること。それをこの人に語っていただこう。



      福本伸行『天──天和通りの快男児』10巻(竹書房)より、



      この人はいくら神格化してもかまわない。なにせ「神域の男」だから。
      これは東西戦の予選の最後ですね。原田のサマを見破ったものの、サマ手法の単純ミスによって最後で読みを外したアカギにたいし、ひろは「麻雀のルールに従えば残れるはず」と言い張ります。
      それに対するアカギの答えは、




      「こういう場合はその流れの中で 定まっていった取り決めが一番重いのさ」

      まあ、引いてみて、けっこうムリがあったかなと正直おもいます。
      ここでは「異例の場合」を強調していますし。

      アカギのごとき無頼の博徒どもと同じルールで子どもたちに動けというのか、というご批判もあるかとおもいます。
      いいんですよ。ともに人生という鉄火場を生きてるんですから。

      ヒマネタ、お粗末でした。





      スポンサーサイト

      0
        • 2010.11.18 Thursday
        • -
        • 23:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        この先の「たとえ勝つにしろ 負けるにしろ 赤木しげるとして 勝ち負けたいのだ」を知っている人にとっては、
        sakumiti氏の http://twitter.com/sakumichi/status/3702807056097280 の postが実に味わい深い。
        やっぱり個人主義と真理追究のほうがかっこいいなあ。私も心性としてはそっちでありたいけど。でも子どもは同世代集団のなかでこそ学ぶ、というのは多数の事実なんですよね。認めがたいが、多くの信頼する教師たちが言うので信じざるを得ない。
        • sudahato
        • 2010/11/18 12:23 AM
        あと、人生は博打だけど学級のテストはあんまり博打じゃないから。
        • sudahato
        • 2010/11/18 12:24 AM
        言及ありがとうございます。ただし次回からはトラックバックまたはコメントで通知いただけるとありがたいです。

        さて、私は遠山を「敬愛」はしていつつも「神格化」などしているつもりはありませんがそれはさておき、あなたこそ読まれましたか?遠山は「誤りとは思わない」と明確に書いているではないですか。また、かけ算の順序を「約束」だといって守らせる考え方を管理的だと言って批判しています。
        まさに私をはじめ、「かけ算の順序」批判派の言っている通りではないですか。教育者でございと名乗って学問の真理に土足で介入してきたからこそ自然科学の立場の人間が揃って激怒しているということがおわかりになりませんか?
        ジョージ・オーウェルの「1984年」の中に「党が二足す二は五だと言えばそれが正しいのだ」というような下りがあります。何らかのドグマをもとに自然数のかけ算は非可換だとするのはこれと同等の暴挙であると私は強く憤るものであります。

        ついでにあなたは「学校の授業内容がきっちりわかったうえで教わっていない解き方を発見した子ども」を子供の中の「強者」だと思っておられるようですが、そもそも授業で教わる以前から知っていた子供という視野が欠けている点はさておくとしても、このような子供は得てして社交性に欠け、世の中のはやりの言い回しを使えば「コミュニケーション能力」弱者であったりするという事実を無視してはおられませんか?偏見といわれればそれまでですが、「子供の立場に立つ」と称する人は「学力が高い子は高慢なガリ勉君」というような色眼鏡で子供を見ており、私はそういう教師の被害に遭ったことも一度や二度ではなかったことから、どうしてもそのあたりを勘ぐりたくなってしまいます。

        なお、

        >「遠山啓はいついかなる場合でもかけ算の指導で順序を論じてはならない」と言ったかのようにふりかざし

        そんなことをするわけがないでしょう。私は単に、かけ算の順序に本質的な意味があるなどと論ずることは「数学的に」誤りだから、そんなことはやめてくれと言っているわけです。

        あなたがたの考える数学教育がどれだけ善意に基づいたものであっても、よく言って偏狭なイデオロギー、悪く言えばトンデモを教えることには反対、それだけです。「水伝」がいかなる理由があろうとも容認できないのと全く同じことです。
        • Sokalian
        • 2010/11/18 12:46 AM
        sakumichi氏の名前をtypoしてしまった。ごめんなさい。

        蛇足ついでにこの後のストーリーを。


        この後ひろは「和了っとけばよかったんです」とアカギを説得にかかる。
        「定まっていった取り決めが一番重い」なら、
        原田が「和了でよしとしたる」と言っているのだから原田の定めが重いと。

        アカギは「そんな和了いらない」という。アカギにとっては
        「ただ俺が余剰牌に5索があると定め、ロンし、結果5索がなかった」
        そのことだけが重要。
        ひろの言い分も正しい、仲間の迷惑も承知、でもアカギは譲らない。


        | だがな ひろ… 俺はいらねえんだ………そんな和了…
        | ひろ… 俺たちは人間の前 なんだったかな…?
        | 命はつながっている… 随分前から…
        | 俺はそんな考えをもつようになった…
        | 人間としての俺が滅んだら土くれになって
        | その後何千年か経って… また何かに再生される
        | 海に溶けた微生物か…… 魚か… 犬コロか… 鳥か…
        | だから俺はいつ死んだって構わない
        | 命は永遠 また再生されるんだからな…
        | ただ唯一問題なのは 人間としての俺がくたばった時
        | この俺の「俺」だという気持ち
        | 意識が吹っ飛ぶ…
        | そこが問題だ… つまり平たく言やあ…
        | 死ぬことは恐くない いつでも死ねる
        | 俺が恐れるのは 俺が俺でなくなること
        | それだけはご免だ そこだけは譲れない……
        | わかるか…? 俺は…
        | たとえ勝つにしろ 負けるにしろ
        | 赤木しげるとして勝ち
        | 負けたいのだ…

        竿とバックの同時攻めなんて反則だ押!
        耐えられるわけないじゃん!!!
        ・・・でも、これハマるかもなぁww
        http://ox33gbp.gim.uerock.net/

        正直甘く見てたよ、最初のうちは……
        でも1回始まったら、これがもう強烈なアタックでね!
        またたく間に、もう即・座・に限界キちゃったね!
        http://08mh7am.fusa.yahoosearch.me/
        掛け算の順序問題で検索していてたどりつきました。
        非順序派です。

        さっそくですが、
        順序派のかたの論理では、次のような問題はどうなるのでしょうか?

        【問題1】
           100人のゴルファーが集まりました。全員がフルセットの
           ゴルフクラブを1セットずつ持っています。
           ゴルフクラブは全部で何本ありますか?
           (フルセットは14本です。)

        【問題2】
           あるゴルフ道具工場に、14人の職人(Aさん〜Nさん)がいます。
           いま、
            Aさんがウッドの1番を100本 作る
            Bさんがウッドの2番を100本 作る
                   ・
                   ・
                   ・
            Nさんがパターを   100本 作る
           …とすると、何本のゴルフクラブが出来ますか?
        • ゴルゴ・サーディーン
        • 2011/02/09 10:17 PM

        だれかー
        お話しよ?

        エッチなおはなしでもいいよん☆♪
        http://juo3aar.rply.kakusan-twitter.net/juo3aar/

        チ ○ ポ 一 発!!6万ゲットぉぉぉぉぉ!!!!щ(゚Д゚щ)

        ぶっちゃけ普通にセクースしただけなんだけどなwww
        とりま高級シースー食ってブルーレイ買ってきますたwwwww
        http://ifb4n0h.plus.gu-guru.me/ifb4n0h/

        8万もらってOKしたら、ソッコーで全裸にされたぞ!!
        そのままベッドに寝かされて、全身ペロンチョの舐め地獄!!!!
        最後、手コキされて噴水みたいにザーメソ発射しちまったよ(笑)

        こんなんしてたらマジでMに開花しちゃいそうだぜ(*´Д`)ハァハァ
        http://4rt0c3m.app.ipon.me.uk/4rt0c3m/

        紳助引退の真相はこちら
        http://wfwo-8f.ato.zetto.info/wfwo-8f/
        • AtoZ
        • 2011/08/27 1:19 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM